水野浩聡プロが相模湖を攻略!!

アングリングバス(AnglingBASS)公式YouTubeチャンネル AnglingBASS Officialアングリングバス公式 にて『【水野浩聡】関東メジャーリザーバー、相模湖に初挑戦!』が公開されています。

 


水野浩聡プロ 相模湖攻略ルアー

ワカサギ系ルアー

フラッシュJスプリット3インチ(フィッシュアロー)+ジグヘッド 1.3g

ロールがしやすくミドストがしやすいのが特徴です。

弱い波動ですが横移動するリグなので巻物をイメージして使用しているそうです。


iシャッドテール2.8インチ(ジャッカル)+マス針

浮いたやる気の無いバスのスイッチを入れるために使用していたのがiシャッドテール2.8インチのテールカットチューンです。

縦扁平のボディなのでダートがしやすく、ノーシンカージャークに向いているワームです。

狭い範囲で釣りをしていたので、飽きさせない為にフラッシュJ 2インチとローテーションしていました。


リレンジ110(ジャッカル)

ワームよりもパワーがあるルアーですがプラグの中では弱い位置にあるジャークベイトも使用していました。

朝夕まずめ時のブレイク付近でバスを浮かせるイメージで使用していたそうです。


テキサスリグ系

チャンクロー3.5インチ(ジャッカル)+シンカー 5g

テキサスリグはペグ止めを使用せずにフリーな状態で使用していました。

これは秋なので夏とは違いカバーに固執している魚が薄くなっているので、地形変化をズル引いたり、岩盤をダウンヒルに攻めることが多いので、シンカーをフリーにすることにより広い範囲をアピールすることができ、喰った場合に食い込みがいいのでそうしているそうです。

もしリアクション要素が必要な場合はフットボールジグがおすすめで、タイトに落としたい場合はフリーリグがおすすめだそうです。

 

 

水野浩聡プロが相模湖を攻略 まとめ

・今回水野プロはスピニングを3本持ち込んだが、一本をパワーフィネス用に、ULの4lbタックルをベースにしてサイトやオープンウォーターのワカサギ絡みはULの3lbタックルを使用していた。

・秋はペグ止めを使用しないフリーなテキサスリグが効く。

・この釣行の詳細はアングリングバス2019年12月号に載っています。

 

Home>バス釣り動画>ボート>相模湖>アングリングバス>水野浩聡

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい