揺らぎ系ビッグベイト クルーバーSFを紹介!!

ジャッカル(JACKALL)公式YouTubeチャンネル JACKALLSTATION にて『【バス釣り】KLUBER SF / 揺らぎ系、その必要性と必然性 水野浩聡&片岡壮士』が公開されていました。

ジャッカル/クルーバー SF

クルーバーSF

『クルーバーSF』は一見ただのビッグベイトに見えますが、低速リトリーブにおける”揺らぎ”に着目して開発されたビッグベイトで、強い波動とサイズのインパクトによって喰わせる通常のビッグベイトとは対照的にサイズのインパクトはありつつもナチュラルな波動で喰わせることを念頭に開発されています。

この揺らぎによって生み出される曖昧な波動はバスに学習されにくく、強い波動を見切ってしまうバスにも口を使わせることができます。

生まれるキッカケ

片岡プロが冬の東条湖で通常釣れるバスを釣るのではなく、その湖のマックスサイズを釣る為に編み出した釣り方がフルサイズのジャークベイト(マグスカッドSP)をキャストして、少し潜らせた後にラインを沈めて、ルアーが動かないほどゆっくりと巻く釣り方です。

この釣り方を池原ダム、七色ダム、琵琶湖の春でも試した所、多くのデカバスを釣ることができたそうです。

そして、時が経ち2021年の冬に水野プロが岐阜県のメジャーリバーで、ブラストボーンを動かないようにチューンしたモノをゆっくりと巻くと多くの反応を得ることができました。

この釣り方をさらに改良させて、リレンジをサスペンドさせてゆっくり誘う釣り方へと進化しました。

そこで、10年前に片岡プロが試していた釣法を水野プロが思い出し、片岡プロに連絡してこの釣り方をさらに使いやすくしたルアーを開発することが決まり、クルーバーSFの開発がスタートしました。

逆V字カットジョイント

クルーバーSFは、ルアーがパワフルにアクションするようなルアーではないので、程よい抵抗感を持たせることに苦労したそうです

そこで搭載したのが”逆Vカットジョイント”で、ビッグベイトのジョイントは、通常アクションさせるために存在していますが、この逆Vカットジョイントはより水の抵抗を感じる為に取り付けられています。

テール

テールをハードにすることによって、フックを3つ搭載することが可能になるので、フッキング率をアップさせることができます。

しかし、フックを3つ搭載すると根掛かりが増えてしまいます。

なので、クルーバーSFは”シリコンテール”を採用して2フック仕様で作られています。

シリコンテールなら揺らぎ系ビッグベイトのクルーバーSFのアクションでも艶めかしく動いてしっかりとアピールしてくれます。

フックホルダー

上記のような理由からクルーバーSFは2フック仕様で作られていますが、フッキング率を向上させる為にシリコンテールに”フックホルダー”が搭載されています。

ロッド角度

ルアーをアクションさせたい場合はティップにラインの重さを乗せて巻くのが基本ですが、クルーバーSFはアクションさせないのでi字系ルアーなどと同様にロッドをルアーに対して真っ直ぐにして、弛んだ分のラインを巻き取るように巻きます。

オールシーズン

クルーバーSFは抵抗を与えれば通常のルアーと同じようにアクションするので、寒冷期だけでなくオールシーズン使うことができます。

また、ゆっくりとフローティングするので、スポーニング直後の上は気にしているが出て来られない魚に対して、少しレンジを入れてゆっくりと浮上させることでバイトを誘発させることも可能です。

クルーバーSF おすすめカラー

片岡プロが春のサスペンドしているメスを選んで釣るのに水の色を問わずおすすめしているのが、画像のような透けたピンク系カラーです。

このカラーは、バスがじっくり見ても分かりにくいカラーでありながら、アクションさせると透けているので光が乱反射してアピールもしてくれます。

水野プロがおすすめするカラーは、全体的に水馴染みをするカラーをベースにしているが、腹側がチャートになっているカラーです。

このカラーは、反射板が入っているのでちょっとした揺らぎでもしっかりと光を反射してアピールしてくれます。

クルーバーSF タックル

クルーバーSFはラインを弛んだ状態で巻いてくるので、より速く強くフックポイントに力を伝える為に、太いフロロカーボンラインとMHやHなどの掛け重視のロッドがおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい