清水盛三プロがジャックハンマーの重さやトレーラーの使い分けを紹介!!

 

清水盛三プロ 公式YouTube Bigmama Fishing TV 清水盛三 にて『ジャックハンマーのブレードタイプ・重さ・トレーラーの使い分けを大解説!Jackhammer blade type, weight, and trailer usageGreat commentary!』が公開されています。

清水盛三プロがチャターベイト ジャックハンマーを紹介!!

ジャックハンマー

ジャックハンマーはアメリカのトーナメントで活躍している”ブレットハイト選手””清水盛三プロ”が共同で開発したブレードジグです。

ジャックハンマーには”オリジナル” ”タングステンヘッド” ”ステレスブレード”の3タイプ存在しており、タングステンモデルはオリジナルモデルとブレードや形状は全て同じですが、トーナメントのレギュレーションに合わせて作られたモデルです。

それとは違い、ステレスブレードは透明のリップを採用したモデルです。

オリジナルとステレスブレードの使い分け

オリジナルモデルの金属ブレードとステレスブレードの使い分けは、ステインウォーターからマッディウォーターに掛けてはオリジナルモデルを使用します。

対して、ステレスブレードはクリアウォーターで使用します。

基本は上記のような使い分け方をしますが、日本のフィールドはスレている魚が多いので、マッディウォーターでもステレスブレードが効果的なことがあります。

これは、オリジナルモデルがパワフルなアクションをするのに対して、ステレスブレードがタイトにアクションするのが理由です。

ウェイト

オリジナルモデルは3/8oz、1/2oz、3/4oz、1.2ozの4つのウェイトがラインナップされており、ウェイトの違いによって釣るシチュエーションを変えます。

では、その釣るシチュエーションを変えるとはどのようなことなのかというと、軽いウェイトは”浅い所”重いウェイトは”深い所”を釣ります。(チャターベイトは巻くと浮いてくるルアーなので、同じスピードで巻くためにウェイトで釣り分けます。)

おすすめトレーラー

清水盛三プロは三種類のトレーラーを使い分けています。

特に日本で使用しているトレーラーが『フラットピンテール(ベイトブレス)』で、このワームは元々ソルトウォーター用に作られたワームですが、清水プロが試した結果 すごい釣果を叩き出したワームです。

名前の通り、ボディとテールがフラットに作られているワームで、テールの向きは縦・横どちらでもいいそうですが、清水プロは横向きにセットしていることが多いそうです。(真っ直ぐキレイに刺すことが重要です。)

2種類目のトレーラーがダブルテールを備えたクロー系ワームで、バスマスタークラシックで4位になったジャスティン・カー選手も、このタイプのトレーラーを使用していたそうです。水を動かす能力に長けているので、水を動かさなければならない状況やゆっくり引かなければならない状況で活躍してくれます。

3種類目のトレーラーはシャッドテールワームで、フラットテールとダブルテールワームの中間に位置するワームです。

この3つのトレーラーを使い分けますが、清水プロはフラットピンテールを溺愛しているそうで、フラットピンテールはほとんどのフィールドにマッチしたトレーラーだそうです。

タックル

清水プロが使用しているロッドはパワーグラスシリーズの『ヘラクレス HCSC-73HG レパード』です。

このレパードはパワーグラスシリーズの中で一番張りのあるロッドで、レングスも7フィート3インチと長いのが特徴です。

この張りと長さによってロングキャストが可能で、ロングキャストした先でもしっかりと掛けることができます。

さらに、掛けてからはほとんどバラすことがなく、手前で魚が突っ込んでもグラスロッドなのでしっかりと曲がり、しかしパワーがあるので耐えることが出来ます。

清水プロのみならずブレッドハイト選手、ジャスティン・カー選手も使用しているロッドです。

また、ピンポイントでキャストしなければいけなく、手返しを速くしなければならない状況では『ヘラクレス HCSC-611MHG サーバル』を使用しているそうで、このサーバルはレパードよりも若干柔らかいので、ロッドの反動を使ってリズム良くキャストすることができます。

リールには『ジリオンSV TW 6.3:1』を使用。ラインはフィールドによりますが『FCスナイパー 14~16lb』を使用しています。

 

清水盛三プロのYouTubeはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい