【ダイワ】レイブリーズの特徴&カラーを紹介!!

ダイワ(DAIWA)よりアワビプレートが内蔵されたi字系ルアー『レイブリーズ(RAYBREEZE)』が新登場!!

ダイワ/レイブリーズ66F/66S

レイブリーズ

『レイブリーズ』には”フローティングタイプ””シンキングタイプ”がラインナップされています。

シンキングタイプは水中に漂うようなゆっくりとした沈下スピードで、沈下姿勢が水平を保つように設計されています。

i字系ルアーは引き感のなさがネックですが、レイブリーズは顎の部分に窪み(フロントカップ)が設けられているので引き抵抗を感じることが出来ます。

さらに、水流のヨレに反応して揺らめくようなイレギュラーなアクションも起こしてくれます。

スプリットリングにはフックと別にスタビライザーの役割を果たす”ティンセル”が取り付けられています。

ティンセルが独立していることにより、ルアーを止めてもユラユラと揺らめいて魚を寄せてくれます。

ボディには”天然アワビプレート”が内蔵されています。

自然の光を反射してナチュラルなアピールをしてくれます。

丸山智幸 タックル

丸山智幸 i字系ルアー タックル

ロッド : リベリオン 681ULXS-ST(ダイワ)
リール : AEGIS 2505F(ダイワ)
ライン : PE PERFORMANCE LD +Si 6lb(ダイワ)+スティーズ フロロ 3lb(ダイワ)
ルアー : レイブリーズ(ダイワ)

 

レイブリーズ スペック&カラー

レイブリーズ スペック

サイズ : 66mm
標準自重 : F=3.3g、S=3.6g
色数 : 6
フック仕様 : サクサス加工トレブル #10
メーカー希望本体価格 : 1,300円

レイブリーズ カラー

 

ワカサギ

 

シラウオ

 

アユ

 

ピンクバック

 

チャートバック

 

クリアシャッド

 

レイブリーズ まとめ

・レイブリーズはアワビプレートが内蔵されたi字系ルアー。

・フロントカップが設けられているので引き抵抗感がある。

・ティンセルはフックと別に取り付けられているのでデッドスローリトリーブでも後方になびく。

 

情報元
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/lure/bass_le/raybreeze/index.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい