林晃大プロがボリュームベイトで山代湖を攻略!!

OPS公式YouTubeチャンネル  O.S.P にて『巻きまくれ!!ボリュームベイト ハイピッチャーMAXでグッドサイズ連発&マイラーミノーで50up by 林晃大』が公開されています。

山代湖をボリュームベイトで攻略

ボリュームベイト セッティング

フィールドに濁りが入っているので、アピール力の強いタンデムウィローのハイピッチャーMAX 1/2oz(ヴィヴィッドパールホワイト)にドライブシャッド4インチ(サイトスペシャル Ver.2)をトレーラーにしていました。

水深が浅く見せて追わせて食わせる場合にはダブルウィローのハイピッチャーMAXを使用していました。

カーブフォール テクニック

普通のスピナーベイトは、カーブフォールせずに縦にフォールしますが、ハイピッチャーMAX+ドライブシャッド4インチの組み合わせは、頭下がりに泳ぎながらフォールしてくれます。

なので、岩盤や急斜面のバンクに沿わせながらカーブフォールさせる釣りが可能です。

やり方は、岸際にキャストしてゆっくり巻きながらフォールさせます。

また、岸際に沈んでいる岩などに当てながらフォールさせるとリアクションバイトを誘うことも可能です。

スローロール テクニック

深いレンジを狙うのにはハイピッチャーMAX 3/4oz TWを使用したスローロールが有効です。

使い方は、キャスト後フリーフォールさせてゆっくりと巻きます。

ボトムにコンタクトし過ぎる場合は少し早く巻いて浮かせます。

イメージとしては、ボトムの岩などのトップに若干当てながらトレースするイメージです。

ボリュームベイト セット方法

ワームをしっかりと持ってスピナーベイトのフックをワームにまっすぐ刺します。

そして、ドライブシャッド4インチの場合は、頭側から3番目の穴からフックを抜きます。

また、ラバーがテールの動きを干渉しないように少しカットするのも有効です。

ショートバイトが多い場合はトレーラーフックを使用するのがおすすめで、オーバーハングの下などに鋭いキャストで入れていく場合は、キーパーロックをセットするとワームが裂けにくくなるのでおすすめだそうです。

 

林晃大 タックル

林晃大 ボリュームベイト タックル

ロッド : ワイルドサイド WSC69MH(レジッドデザイン)
リール : ベイトリール 6.3:1
ライン : フロロカーボン 16lb
ルアー : ハイピッチャーMAX 1/2oz TW(OSP)+ドライブシャッド4インチ(OSP)

林晃大 ジグヘッド タックル

ロッド : ワイルドサイド ST-66XUL(レジッドデザイン)
リール : スピニングリール 2000番台
ライン : PE0.4号+フロロカーボン 5lb
ルアー : マイラーミノー3.5インチ(OSP)+ジグヘッド1.3g

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい