【シマノ】22バンタムロッドを紹介!!

22バンタム 163ML-2

バンタム 163ML-2

このモデルはパワーベイトフィネスロッドです。

パワーと名が付くだけに大型のバス相手にもフィネスで相手できるように作られています。

バットはとにかく強く曲がらないバットを搭載、ティップには追従性が良くシャープに曲がるティップを搭載しています。

このとにかく強く曲がらないバットによって大型のバス相手にも負けることが無く、追従性が良くシャープに曲がるティップによってルアーのアクションや捌きをキレイに行うことが出来ます。

この役割りをしっかりと分けるためにこのロッドには”ワンアンドハーフ”が採用されています。

PEライン

パワーベイトフィネスでは、時としてPEラインを使用することがあります。(太い場合は2号を使用することもあります。)

しかし、通常のロッドでPE 2号を使用するとバットが曲がりすぎてしまいます。

なので、このロッドはPE 2号を使用して、さらにドラグを抑えてもバットが曲がらないように作られています。

だからこそ、大型のバス相手でもパワーで勝つことができます。

おすすめルアー

高比重ワームのワーミングやダウンショットリグ、ラバージグ、フリーリグなどワーミングにおすすめです。

もちろん、キャストできる範囲のライトプラグなら使用することができます。

リール

リールは『アルデバラン BFS』『SLX-BFS』、『19アンタレス』『バンタム』といった小型のリールがおすすめです。

 

22バンタム 168L+-BFS/2

バンタム 168L+-BFS/2

このモデルはセンターカット2ピースのベイトフィネスロッドです。

枝の向こうで大型のバスを掛けた場合、ベイトフィネスタックルはラインが細いのでロッドがタメてくれなければいけません。

その為に、このロッドは6フィート8インチというレングスが採用されています。

また、タメられるようにブランクスを作るとキャストがしにくくなってしまいます。

なので、このロッドはセンターカット2ピースを採用してバットを強く作り、ティップは曲がるように作りました。

この2種類の組み合わせによってキャストが快適になり、タメを作り出すことが可能になっています。

 

22バンタム 168ML+-G/2

バンタム 168ML+-G/2

前モデルの『168ML-G』では採用されていなかった”逆ワンアンドハーフ”が搭載されています。

これによって、キャストしやすさと巻き物のノリの良さを残しながら、喰った魚をしっかりとフックアップさせる力が向上しています。

軽いルアーをフレキシブルにキャストする場合におすすめのモデルです。

 

22バンタム 168M

バンタム 168M

前モデルの『バンタム 168M』よりもキャストのキレがよくなり、ロッドがよりシャープになったのでキレのあるアクションも可能になっています。

レングスは6フィート8インチというボート・おかっぱり問わず使い勝手のいいレングスで、ミディアムパワーなので幅広い巻き物ルアーに使用することができます。

 

22バンタム 168XH-SB/2

バンタム 168XH-SB/2

このモデルはビッグベイト&ジャイアントベイトロッドで、6フィート8インチというショートレングスで作られています。

このロッドがショートレングスを採用したのは、現代のビッグベイト&ジャイアントベイトゲームではトップウォーター、ジャイアントペンシル、グライドベイト系、ソフトスイムベイト含めて、リーリングやロッドで操作してバスにバイトさせるという喰わせのアクションを入れることが多くなりました。

その喰わせのアクションを入れるには、これまで主流だった8フィートオーバーのレングスでは、軽快にアクションさせることが出来ません。

なので、このロッドは6フィート8インチというショートレングスが採用されています。

ショートレングスによる恩恵

ショートレングスを採用したことによって、軽快にアクションさせられるのはもちろんのことキャスト精度が高まりました。

さらに、一日ビッグベイトゲームをやっても疲れることがありません。

 

22バンタム 170MH

バンタム 170MH

イヨケンが多用するライトフリップロッドで、3/16oz~1/2ozまでを一本でこなすことができる撃ちモノ系ロッドです。

前モデルの『バンタム 170MH』よりもピッチング時の竿捌きが良くなり、フッキングパワーも格段に向上しています。

撃ちモノが好きな方におすすめのモデルです。

 

22バンタム 1711MH+-SB/2

バンタム 1711MH+-SB/2

前モデルの『バンタム 1711H-SB』を進化させたモデルで、ロングレングスロッドは持ち運びが大変なので”ワンアンドハーフ”で作られています。

ワンアンドハーフを採用したことによってロングバットを核に作ることが出来ました。

これによって、フッキング時に力が弱い方でもロングバットが作用して、重いルアーをバスの硬い顎にフッキングすることができます。

MH+

このロッドがMH+を採用したのは、さらに汎用性を広げる為です。(ファイナルディメンション 180Hに近い感じだそうです。)

このMH+を採用したことによって、ロングバットに力が楽に入り、その力の抜けも非常にいいので気持ちよくルアーが飛んでくれます。

非常にキャストがしやすいモデルです。

バーサタイル性

ソフトティップを採用してことによって、マグナムクランクやヘビーウェイトスピナーベイトも楽に使うことができます。

SBという表記ですが非常に汎用性のあるモデルです。

 

22バンタム 264UL-S/2

バンタム 264UL-S/2

ソリッドティップを搭載したロッドで、このソリッドティップによって喰いが渋い状況でもしっかりとアタリを取ることが出来ます。

さらに、バットがかなり強く出来ているので、しっかりと魚を掛けることが可能で、キャストもしっかりと決めることが出来ます。

細いティップ

バットに対してワンランク細いティップが搭載されているので、先端が軽くなり操作している時の持ち重り感がなくなります。

それによって、ルアーが非常に動かしやすく、アタリが取りやすいのが特徴です。

 

22バンタム 264ML

バンタム 264ML

メタルバイブのリフト&フォールやシャッドプラグ、ミノー、ジャークベイト、小型トップウォーターなどの小型のプラグを動かすのにおすすめのロッドです。(キャロライナシャッドにもおすすめです。)

レングスが6フィート4インチとプラグを扱うロッドにしてはショートロッドに作られていますが、コレは操作する釣りを軽快にリズムよく動かすためにショートに作られています。

また、しっかりと全体が曲がるようになっているので、バラシやすいプラグの釣りでもバラシを軽減してくれます。

 

22バンタム 267L

バンタム 267L

バーサタイルなモデルで、ライトリグから小型のプラグまで扱うことが出来ます。

バンタム 264MLはプラグを軽快に操作するのに向いたモデルでしたが、このバンタム 267Lはどちらかというと乗せるように作られています。

なので、シャッドプラグやクランクベイト、プロップベイトなどただ巻きで使用するプラグにおすすめです。

 

22バンタム 274M+

バンタム 274M+

前モデルの『バンタム 274M』を進化させたモデルで、シマノ独自のロッドティップ製法”エキサイトトップ”を継承しています。

現代のバスフィッシングでは、ティップを振ってラインを揺らすことでルアーに細い動きを与える”シェイキング”を多用します。

このシェイキングを簡単に行う為の製法がエキサイトトップで、エキサイトトップはティップの先端を少し「太く」「重く」「硬く」してあります。

なので、ロッドを振ると簡単にティップが動いてくれます。

しかも、ティップが重くなっているので、普通のブランクスよりもルアーにパワーを伝えることができます。

スパイラルXコア

スパイラルXコアが搭載されているので、さらにバットのパワーが強化されています。

これによって、野池や川の対岸にロングアプローチしてもしっかりとフッキングすることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい