江口俊介プロがエグダマ タイプレベル ヘビーウェイトを紹介!!

レイドジャパン(RAID JAPAN)公式YouTubeチャンネル RAID JAPAN Official Channel にて『【RAIDJAPAN 2021NewProducts】EGU-DAMA TYPE-LEVEL HEAVY WT.』が公開されています。

レイドジャパン/エグダマ タイプレベル HW

エグダマ タイプレベル ヘビーWT.

エグダマ タイプレベル HWには5.5g、7g、9gの3ウェイトが用意されています。

なぜ、ヘビーウェイトのエグダマタイプレベルを制作したかというと、濃いカバー(特に水面に浮いているチップやゴミなど)に対して、従来の最大ウェイトである4.5gでは軽くて貫通してくれませんでした。

さらに、風が強くラインが煽られる状況では、軽いウェイトだとカバーに入れ込むことができません。

なので、その欠点を改善するために3つのヘビーウェイトが追加されました。

従来のタイプレベルとの違い

吊るし系のジグなので、オリジナルのタイプレベルと基本的には似ていますが、オリジナルのタイプレベルを単純に重くしただけでは使い物になりませんでした。

そこで、ヘッド形状を見直すことに決定。

従オリジナルのエグダマと比べると幅広になっています。(1.5~4.5gのヘッド形状の変更はありません。)

こうすることで、オリジナルのエグダマタイプレベルと同じく、カバーへのスリ抜けが良く、水平姿勢を保ってくれます。

フック

フックは、ベイトタックルでも思いっきりフッキングすることが可能なオリジナルよりも一番手大きく、太軸のモノが採用されています。

シチュエーション

エグダマ タイプレベル ヘビーウェイトもオリジナルタイプレベルと同じくカバーに入れて吊るすのがメインな使い方です。

しかし、ヘビーウェイトモデルはバランスが良くできているので、オープンウォーターにキャストして水中の傾斜に沿って転がす”フットバールジグ”的な使い方やジグスト的な使い方も可能です。

カバーからオープンウォーターまでどこでも使えるラバージグです。

ウェイトの使い分け

5.5g=4.5gでは少し物足りないカバーに対して選択します。

7g=オールマイティなウェイトで、カバーへの貫通力も十分にあり、フォールスピードも十分速いのでフットボールジグ的に使ってもテンポよく使うことが出来ます。

9g=濃いカバー(厚いチップや濃いブッシュなど)に対して効果的なウェイトで、フットボールジグとして使うのならフォールスピードを上げたい場合におすすめです。

おすすめトレーラー

吊るしてフィネス的な感覚で誘う場合は、エグバグやバトルホッグ2.6インチ、2WAY(1WAY)がおすすめです。

フットボールジグ的に使う場合は2WAYやバトルホッグ2.6インチ(スピードを重視する場合)、バトルホッグ3.6インチ(ボリュームを重視する場合)がおすすめです。

もっとフットボールジグ的に使う場合はエグチャンク3.5インチ(お尻カット)もおすすめです。

タックル

パワーフィネスとして使用する場合は、オリジナルタイプのタイプレベルと同じく『グラディエーターアンチ GA-70HS-ST パワーノーズ』を使用します。

ベイトフィネスとして使用する場合は『グラディエーターマキシマム GX-67MHC-ST ザ・ビショップ』がおすすめです。

このザ・ビショップなら5.5g、7g、9gを使用することが可能でカバー撃ちから吊るし、ジグスト、フットボールジグ的な使い方が可能です。

江口俊介 ラバージグ(スピニング) タックル

ロッド : グラディエーターアンチ GA-70HS-ST パワーノーズ(レイドジャパン)
リール : ヴァンキッシュ 2500S(シマノ)
ライン : PE1.5号+リーダー12lb
ルアー : エグダマタイプレベル ヘビーウェイト 5.5g(レイドジャパン)

江口俊介 ラバージグ(ベイトフィネス) タックル

ロッド : グラディエーターマキシマム GX-67MHC-ST ザ・ビショップ(レイドジャパン)
リール : アルファスAIR TW(ダイワ)
ライン : フロロカーボン 12lb
ルアー : エグダマタイプレベル ヘビーウェイト 7g(レイドジャパン)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい