伊藤巧プロがヘビキャロシンカー リューギ ビーツシンカーを紹介!!

ルアーニュースアール(LureNewsR)公式YouTubeチャンネル LureNews.TVにて『伊藤巧のヘビキャロシンカー「リューギ・ビーツシンカー」解説【たくみづけvol.5】』が公開されています。

リューギ/ビーツシンカー

キャロライナシステム

伊藤巧プロのキャロライナリグのシステムは『ビーツシンカー』の後ろに『コンボストッパー(L)』を2個、そして『キャロダンスイベル(ヘビー)』をセットします。

メインラインは『シーガー R18 フロロリミテッド ハードBASS 14lb』、リーダーには『シーガー グランドマックス 2号』を使用しています。

ワームは『エスケープチビツイン』『ダブルエッジ #1/0』をセットしています。

ビーツシンカー

おかっぱりでヘビーキャロライナリグをする場合、ボートとは違い一方向からしか引っ張ることが出来ません。

なので、ロストすることが多かったそうです。

しかし、ヘビーキャロライナリグはボトムの変化を感知するのに長けており、そのフィールドの水深や沈殿しているモノを探るのに軽くスタックさせるのが重要です。

このビーツシンカーは、軽くスタックしながらも根がかりを回避して、回避した瞬間にリアクション的にバスの口を使わせることが出来ます。

チューブ

ビーツシンカーの最大の特徴がハードのチューブが飛び出ていることです。

このチューブが飛び出ていることによって、何かに引っかかった際にラインを引っ張ると上から引っ張られるので根がかりを極端に減らすことが出来ます。

しかも、ヘビーキャロライナリグはシンカーが重いので、ラインに傷がつくことがありますが、このビーツシンカーはチューブがあるのでラインを傷つけることがありません。

キャスト

ヘビーキャロライナリグはシンカーとワームの重さのバランスが合っていないと重さが分散してキャストしづらいです。

なので、バランスを合わせることが重要です。

伊藤巧プロは『エスケープチビツイン』『レディーフィッシュ』といった3インチほどのワームを使う場合は17.5gと21gを使用します。

『エスケープツイン』の場合は28gを使用するそうです。

重さは根がかりをしやすい場合やアクションをゆっくりする場合は軽くして、リアクションで誘いたい場合はシンカーを重くします。

ラインアップ

ビーツシンカーのラインナップは17.5g、21g、28gのウェイトがラインナップされます。

この3サイズでほとんどのヘビーキャロライナリグを補えるそうです。

 


ルアーニュースアール(LureNewsR)公式YouTubeチャンネル LureNews.TVにて『伊藤巧が熱望したリューギ「ダブルエッジ」に新サイズ登場!【たくみづけvol.5】」解説【たくみづけvol.5】』が公開されています。

リューギ/ダブルエッジ #2、#5/0

新サイズ

リューギのダブルエッジに#2と#5/0が追加されます。

ダブルエッジ #5/0は10インチのロングワームやビッグエスケープ、フリップギルにマッチします。

ダブルエッジ #2はレッグワーム系のダウンショットリグやパドチューに使用できます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい