【レイドジャパン】レベルクランク ゴリラーの特徴&使い方を紹介!!

レイドジャパン(RAID JAPAN)公式YouTubeチャンネル RAID JAPAN Official Channel にて『LEVEL CRANK GORILLER徹底解説!![金森隆志]』が公開されています。

レイドジャパン/レベルクランク ゴリラー

オリジナルレベルクランクとの違い

レイドジャパンには既に『レベルクランク』と呼ばれるクランクベイトが存在しています。

オリジナルのレベルクランクは、野池を中心とした止水域や規模の小さいフィールドを想定して作られたクランクベイトでした。

この新しいクランクベイト『レベルクランクゴリラー(LEVEL CRANK GORILLER)』は、オリジナルのレベルクランクよりも少し大きなメジャーフィールドを想定して作られています。

また、クランクベイトで重要な凹凸や濁りを攻略する場合は、ある程度のボリュームと強さが無いと規模の大きなフィールドでは物足りなさが出てきます。

なので、このレベルクランクゴリラーを開発したそうです。

レベルクランクゴリラーの特徴

オリジナルのレベルクランクよりは大きく作られていますが、マグナムクランク程大きくは作られていません。

様々なフィールドでマッチする適度なボリュームに作られています。

また、金森プロが一番拘ったのが”強さ”で、濁りや凹凸などの複雑な所を当てて使う場合にそれなりのボリュームと強さが無いとバスに気付いて貰えません。

なので、アクションは水を強く攪拌させる動きで、「スルスルッ」っと早く抜けないように水中でしっかり動いて粘る作りです。

レベルクランクゴリラーの潜行深度

ショートピッチでの潜行深度は水深60~70cmほどです。

遠投での潜行深度は、よく飛ぶので最大2mほど潜るそうです。

レベルクランクゴリラーのスピード

近年のクランクベイトで重要な早巻きにも対応しているので、バスに見切られること無く口を使わせることができます。

レベルクランクゴリラー ロッド

レベルクランクゴリラーはボリュームがあるのである程度パワーのあるロッドなら対応しています。

レイドジャパンから発売されているロッドでは、グラディエーターアンチ GA-610MC ジョーカーグラディエーターマキシマム GX-70HC-ST THE MAXXがマッチしているそうです。

また、バスが大型の場合や太いラインを使いたい場合は、グラディエーターアンチ GA-74XHC デフューザーがマッチするそうです。

レベルクランクゴリラー リール

リールはレベルクランクゴリラーをどう使っていくかによって変わります。

例えば雨が降って濁った状況や風が吹いて荒れている状況では、しっかりゆっくりきっちり巻けるローギア(ギア比5など)がおすすめだそうです。

逆に大きな変化を感じない場合は、早巻きで仕掛けて行きたいのでギア比6か7のリールがおすすめだそうです。

レベルクランクゴリラー ライン

金森プロが一番おすすめしているポンド数は14ポンドがおすすめだそうです。

飛距離を伸ばしたい場合やもう少し潜らせたい場合は12ポンドでもいいそうです。

逆にあまり潜って欲しくない状況やラインにパワーが欲しい場合は16ポンドや20ポンドがおすすめだそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい