村上晴彦プロがスパテラのスプリットショットリグを紹介!!

一誠(issei)公式チャンネル issei一誠にて『【村上的】#113 自分だけ爆釣できる「スパテラ・スプリット講座」【バス釣り】』が公開されています。

スパテラのスプリットショットリグ

フリーノット

直結でフックを結んでしまうと引っ張った際にラインに癖が付いてしまいます。

なので、村上プロはフックとラインをフリーノットで結びます。

フリーノットの結び方は、輪を作ってその輪を半回転させます。

すると、画像のように8の字に輪ができます。

そのまま締め込んでもフリーノットが出来ますが、フック側の輪が大きすぎるので画像のように輪にフックアイを引っ掛けて引っ張ります。

画像ぐらい輪を小さく出来たらフックアイを輪から外して締め込みます。

そしてハーフヒッチで縛りますが、画像のように本線の引っ張る力10に対してあまり糸の引っ張る力5ぐらいで引っ張ります。

この方法でハーフヒッチを上下に繰り返して、あまり糸が下を向くようにします。(あまり糸が下を向くことでゴミ絡みを減らすことが出来ます。)

YAMAWA ゴム張りガン玉シリーズ

村上プロが使用しているガン玉は『ゴム張りガン玉シリーズ(YAMAWA)』で、このガン玉は内側にゴムが貼っているので滑りにくく、何回も使うことが出来ます。

また、通常の噛み潰しオモリでもティッシュペーパーや輪ゴムを入れて固定させるとラインを傷つけることを防げて、ズラすことも可能になります。

シンカーの位置

フックからシンカーの位置が5~10cmのショートスプリットリグは、シンカーを強く意識した釣りです。

ショートスプリットの場合、魚はシンカーを気にしますがそのすぐ後ろに艶めかしいワームが取り付けられているので、魚のターゲットがワームに移ります。

さらに、シンカーを持ち上げてフォールさせるとワームが変わったアクションをしてくれます。

アクション方法

流れのないポイントでは”ゆっくりズル引き”で誘います。

流れがある場合は”ドリフト”させて誘います。

赤松健 タックル

赤松健 スプリットショットリグ タックル

ロッド : ハートランド 別誂冴掛 710 AGS(ダイワ)
リール : ルビアスFC LT2500S(ダイワ)
ライン : UVF エメラルダスセンサー12ブレイドEX+Si 0.6号(ダイワ)+フロロカーボン 6lb
ルアー : スパテラ4インチ(issei)+マルチオフセット #4(カルティバ)+スプリットシンカー 3B


一誠(issei)公式チャンネル issei一誠にて『【デカバスの主食】“ギルフラットセット”躊躇なく丸呑み【AK◆BOX】』が公開されています。

ギルフラットセットでデカバスを釣る!!

アクション方法

キャストしたらラインテンションフリーでフォールさせます。

着底後もラインテンションを掛けずに自発的な”ゆらめき”で誘います。

その後、ラインテンションを軽く掛けてズル引きをします。

もし、何かに引っかかったらラインを揺すって乗り越えさせます。

乗り越えさせたらステイを入れます。

このアクションが基本的な使い方です。

アワセ方

ギルフラットセットは、本気で丸呑みしに来ます。

その場合のアワセ方はロッドでアワセるのではなく、慌てずにリールを巻いてテンションを張ってアワセます。]

フック

フックのガードは、軽い力で外れてフッキングが決まるようになっています。

ガード力とフッキング性能が両立されたセッティングです。

ネイルシンカー

ワームキーパーにはウェイトが取り付けられていますが、最小限のウェイトしか取り付けられていないので、ウェイトを足したい場合はネイルシンカーを挿入します。

ネイルシンカーの挿入位置は、ワームキーパーの真ん中です。

ネイルシンカーのウェイトは標準で1.8gほどです。そこから状況に合わせてウェイトを増やしていきます。

赤松健 タックル

赤松健 グルフラットセット タックル

ロッド : ハートランド 疾風74MH(ダイワ)
リール : スティーズA TW 1016SH(ダイワ)
ライン : モンスターブレイブZ 16lb(ダイワ)
ルアー : ギルフラットセット(issei)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい