【issei】サカナサカナの特徴&カラーを紹介!!

一誠(issei)よりビニールのように薄いテールを備えた『ライアミノーフラット サカナサカナ3.8インチ』が新登場!!

issei/ライアミノーフラット サカナサカナ3.8インチ

サカナサカナ3.8インチ

サカナサカナはボディに薄いテールが備わったリーチ型ワームです。

特徴は、透けてしまうほどの”極薄テール”で、元々は赤松プロが飼っていたアカメが水中に入った透明のビニールを執拗に噛んでいたことからこの極薄テールを考えついたそうです。

ノンソルト仕様

サカナサカナは比重で釣るタイプのワームではないので”ノンソルト仕様”です。

ノンソルトマテリアルを採用したことによって、アクションのレスポンスが良く、常吉リグで使用した際に水平姿勢を保ってくれます。

波動

サカナサカナは非常に喰わせる力が強いワームですが、魚を呼ぶ波動は極めて小さいワームです。

なので、赤松プロは確実に魚が居るであろうピンスポットやサイトフィッシングで使用しているそうです。

2ndボディ

サカナサカナの名前の由来は「魚のシルエット」+「魚のシルエット」から来ています。

なので、ボディ中央でカットするとリアボディだけで使用することができます。

リアボディだけだとマスバリしか使用することが出来ませんが、フロントボディはオフセットフックも使用することが出来ます。

おすすめリグ

赤松プロがサカナサカナで最も使用しているリグが”常吉リグ(ダウンショットリグ)”です。

常吉リグで使用すると極薄テールがレスポンス良くはためいてバスを誘います。

さらに、ステイ中にもテールが自然にアクションしてくれます。

おすすめフック

赤松プロが使用しているオフセットフックは『マルチオフセット #4(カルティバ)』です。

サカナサカナはスリットがボディに入っているのでオフセットフックでも刺しやすく、フッキング率もいいです。

マスバリで使用する場合は『マスバリ #8、#7、#6』を推奨しています。

魚にじっくりと見せるワームなので、極力小さなフックがおすすめだそうです。

タックル

サカナサカナの常吉リグをキャストできるロッドだったら何でもいいそうですが、おすすめするとのはウルトラライトアクション~ライトアクションのティップが柔らかくてシェイクしやすいロッドだそうです。

赤松プロは『ハートランド 671LFS』『ハートランド 冴掛 Midge direction ST/SMT』『ハートランド 別誂冴掛』を多用するそうです。

ラインは『PE0.4~0.6号』『フロロカーボン 3~4lb』がいいそうです。

赤松健 常吉リグ タックル

ロッド : ハートランド 671LFS(ダイワ)
リール : スティーズ Type-1(ダイワ)
ライン : PE0.6号+フロロカーボン 4lb
ルアー : サカナサカナ(issei)+常吉リグ

サイトフィッシング時のサカナサカナのセッティングを紹介!!

サカナサカナ

サカナサカナは、超極薄テールが特徴的なリーチワームで、魚と魚がくっついているように見えるのでサカナサカナと名付けられています。

赤松プロはこのワームを95%の割合で常吉リグ(ダウンショットリグ)で使用しています。

なぜ、このワームを常吉リグで使用するかというと、常吉リグはシャクったら上に上がり、落としたら下に下がります。

この上下運動時にサカナサカナの超極薄テールが艶かしくアクションするので、常吉リグで使用しているそうです。

サカナサカナ セッティング

セッティングは兎に角”喰わせに特化”させます。

なので、フックはできるだけ小さくします。赤松プロはマスバリ #6、#7、#8を使用しています。(最大で#5)

このフックの小ささは「魚に与える違和感を小さくする」のはもちろんですが「フックの重さ」も重視しているそうで、フックが重たいとどうしてもフックの重さでワームが垂れてしまいます。

なので、赤松プロはサカナサカナと小さなフック(軽いフック)を組み合わせて、常吉リグ時に水平姿勢を維持しやすくしています。

しかし、根がかりが多いポイントやスプリットショットリグを使用する場合は、例外としてオフセットフックを使用します。(推奨オフセットフック : マルチオフセット #4)

また、マスバリをセットする際にできるだけ先端にセットをすることで、サカナサカナをフックに支配されずに自由にアクションさせることができます。

しかし、あまりに先端すぎると千切れてしまうので、赤松プロは下顎のくぼみのど真ん中からセットしています。

常吉リグの結び方(03:05

まず、フックアイにラインを通して、リーダー分の長さを確保します。(15~20cmが基本)

そして、ダブルクリンチで結んで、あまり糸(リーダー)にエイトノットなどで輪を作ります。(ダウンショット用のシンカーの場合はしなくてもいいそうです。)

そこへ、シンカーの輪を通してシンカーへ結びます。

ライン

ラインセッティングはフロロカーボン3~4lbが基本です。(PE使用時はリーダーをフロロカーボン3~4lb)

なぜ、ラインを細くするかというとバスへの違和感を考えてというよりもルアーのアクションに影響が出ることを考えてだそうです。

例えば、癖のついた20lbラインをサカナサカナに結んでアクションさせても当然 上手くアクションしてくれません。

しかし、細いラインなら癖が付いていようとルアーの抵抗が勝っているのでルアーがナチュラルにアクションしてくれます。

ただ、根ズレが激しい場所や大型のバスが居るポイントではフロロカーボン6lbや8lbも使用するそうです。

しかし、その場合は必ずラインを引っ張ってラインの癖を取り、フリーノットで結びます。(フリーノットで作る常吉リグの作り方は07:02

使い方

まず、キャストしたらラインテンションをフリーにしてフォールさせます。

こうすると、ラインが画像のようになります。

この状態でラインを張りすぎずにたるませた状態でシェイクさせます。(シンカーが動かないイメージ)

こうすることで、着底で見に来たバスを微振動シェイクで喰わせることが出来ます。

赤松健 タックル

赤松健 サカナサカナ タックル

ロッド : ハートランド別誂冴掛 710AGS(ダイワ)
リール : ルビアスLT 2500S(ダイワ)
ライン : PE0.6号+フロロカーボン 4lb
ルアー : サカナサカナ(issei)

 

サカナサカナ スペック&カラー

サカナサカナ スペック

入数 : 7
価格 : ¥820(税別)
推奨フック : マルチオフセット #4~2、マスバリ#8~6

サカナサカナ カラー

 

#06 ベビーシャイナー(稚魚)

 

#13 ヌマベイト

 

#31 グリパンブルーフレーク

 

#56 シナモンブルーフレーク

 

#60 シラウオ

 

#62 稚魚ワカサギ

 

#63 チャートシャッド

 

#64 AKスモーク

 

サカナサカナ まとめ

・サカナサカナは透けるほどの極薄テールを備えたリーチ型ワーム。

・ノンソルト使用なのでアクションレスポンスが良く、常吉リグ使用時に水平姿勢を保ってくれる。

・ピンスポットやサイトフィッシングで活躍する。

・ボディをカットしてリアビディだけで使用することができる。

 

情報元
https://issei.tv/green_cray_fish/51801.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい