奥村和正プロがギラギラコウゲキを紹介!!

釣りフェスティバル公式YouTube チャンネル 釣りフェスティバル にて『【出展社オリジナルプログラム】 deps co ,Ltd  デプス 奥村和正 トークライブ』が公開されています。

デプス/ギラギラコウゲキ

 

ギラギラコウゲキ

奥村和正プロが7~8年制作していた『ギラギラコウゲキ』が遂に完成しました。

「大きな魚を狙う」というコンセプトの元「大きな魚を釣るためにどのような道具が必要か」という所からこのギラギラコウゲキは制作されています。

世界観

バス釣りには、様々な楽しみ方や極め方があります。

例えば、人と競ってトーナメントに勝つための釣りもあれば、トップウォーターやビッグベイトで釣りたいという楽しみ方もあります。

このギラギラコウゲキは「デカイルアーでバスを騙したい」というのと「今まで見たこともないようなデカイ魚が見たい」という2つの世界観により開発が進められました。

アクション

ただ巻きでは振り幅が大きめなS字アクションをします。

ジャークでは優雅に泳いでいる魚ではなく、傷ついて死にかけている魚や小魚を追いかけて夢中になっている魚などバスから見て仕留めやすい獲物を演出できます。

また、ジャークすると不規則な動きでボディの側面が”ギラッギラッ”と見えるので、水深の深い魚や遠くにいる魚を引っ張ってくることができます。

本来ルアーはバスのストライクゾーンに送り込まないと喰わせられませんが、ギラギラコウゲキは射程距離外からバスを引っ張ってこられる力を持っています。

スーパーハイギアリール

このルアーにはスーパーハイギアリールで扱うのが絶対条件だそうです。

ノーマルギアでこのルアーを扱うと巻きスピードが追いつかずに勝手にルアーが首を振っているのでリズムを崩してしまうそうです。

 

サイドワインダーHGC-71XXX ストロングジャーク

ストロングマインドの登場によって、スライドスイマー250以上のルアーを背負うことができるようになりました。

それにより、さらに大型ルアーの開発が進められました。

ストロングマインドは、8フィートを超えるロングロッドでリアグリップも凄く長いので、グリップエンドを持って梃子の原理でジャイアントベイトをロングキャストすることができました。

しかし、ジャークなどの小技を利かしたり、立ち木の間やオーバーハングの下にキャストするのには、あまりにもロングレングス過ぎて持て余してしまいます。

そこで、ストロングマインドをややマイルドにしてレングスを短くしたビッグベイト用のジャーキングロッド『サイドワインダーHGC-71XXX ストロングジャーク』が発売されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい