【レイドジャパン】フルスイング3.5インチのおすすめフック&使い方を紹介!!

レイドジャパン(RAIDJAPAN)より発売されている巻くだけで釣れるシャッドテールワーム フルスイングに新たに『フルスイング3.5インチ(FULL SWING 3.5inch)』が追加されています。

レイドジャパン/フルスイング3.5インチ

フルスイング3.5インチ 特徴

フルスイングシリーズに新たに追加される3.5インチは、長さに関しては少ししか短くなっていませんが、全体的なボリュームは著しく小さくなっています。

自重は約7gなので、ベイトフィネスタックルやスピニングタックル等のフィネス系のタックルで、使い心地が良いウェイトバランスです。

また、ただ小型化したわけではなく、このサイズのシャッドテールの中で最大限にパワーがある作りになっているので、数を釣っていきながら大きな魚も狙うことができます。

フルスイング サイズ別の使い分け

フルスイング5インチは、アクションのパワーや大きさを活かせる広大なフィールドでバスを引っ張って来るのが特徴です。

フルスイング4インチは、ハイピッチで強くアクションするのを活かして岸際のカバーの中にいるバスを引っ張り出せるのが特徴です。

対して、このフルスイング3.5インチは、ため池や河川の流入、クリークといったプレッシャーの掛かりやすい小規模フィールドで、ただ横に釣って行きたい時に役立ちます。

 

 

フルスイング3.5インチ 使い方&おすすめフック

ノーシンカー

フルスイング3.5インチのメインとなるリグは、他のフルスイングと同様にノーシンカーリグです。

基本的にはキャストしてフルスイングが気持ちよくアクションするスピードでゆっくりと巻くだけです。

フックはフッキングマスター モンスタークラス #2/0(ノガレス)がおすすめです。

ネイルリグ

遠投したい場合や風が強い場合におすすめなのがネイルリグです。

ネイルシンカーを刺す位置は、フルスイングのお腹に設けられている深めのスリットにネイルシンカーを置いて、そこから頭方向に真っ直ぐ刺すだけで、低重心にネイルシンカーを刺すことができます。

 

フルスイング3.5インチ おすすめタックル

ベイトフィネスタックル

岡友成プロのおすすめタックルは、足元までゆっくりとしっかり巻けるグラディエーターアンチ GA-65PBF PowerBaitFinesse

足場が低い場合やキャスト精度を高めたい場合は、グラディエーターアンチ GA-62BF BF Trickeがおすすめだそうです。

リールはベイトフィネス寄りのリールがおすすめで、岡プロはSTEEZ CT SV TW ギア比7.1:1を使用しているそうです。

ラインはフロロカーボン8~10ポンド。

岡友成 フルスイング 3.5インチ タックル

ロッド : グラディエーターアンチ GA-65PBF PowerBaitFinesse(レイドジャパン)
リール : STEEZ CT SV TW ギア比7.1:1(ダイワ)
ライン : フロロカーボン8~10ポンド
ルアー : フルスイング3.5インチ(レイドジャパン)


スピニングタックル

スピニングの場合は、グラディエーターアンチ GA-611MLS-ST Strideが飛距離も稼げるし足元までしっかりと巻けるのでおすすめだそうです。

リールはEXIST 2500番台、ラインはフロロカーボン4~5ポンドでもいいのですが、より飛距離を出したい場合やフッキングをしっかり決めたい場合はPEライン0.8号にフロロカーボン 10ポンドをリーダーにすると良いそうです。

岡友成 フルスイング 3.5インチ タックル

ロッド : グラディエーターアンチ GA-611MLS-ST Stride(レイドジャパン)
リール : EXIST 2500番台(ダイワ)
ライン : PEライン0.8号+フロロカーボン10ポンド
ルアー : フルスイング3.5インチ(レイドジャパン)

 

岡友成プロ関連記事はこちら

 

岡友成プロが春のため池をフルスイング3.5インチで攻略!!

春のバス

春のバスは大きく分けて”プリスポーン” ”ポストスポーン” ”アフタースポーン”に分けられます。

プリスポーンはボリュームのあるルアーを巻いたり、撃ったりする釣りで釣れますが、スポーニングを境にボリュームのあるルアーよりもコンパクトなモノを好む傾向にあります。

岡プロがそのタイミングのバスを釣るのにおすすめしているルアーが『フルスイング3.5インチ』です。

フルスイング3.5インチ+ジグヘッドリグ

ジグヘッドリグは、頭にウェイトがあるのでノーシンカーリグと比べてフォールスピードが早く、深いレンジを攻略しやすいのが特徴です。

さらに、ジグヘッドはフックが剥き出しなので、春特有のショートバイトでも深く掛けることが出来ます。

岡プロは『ホリゾンヘッド #1/0(がまかつ)』『ラウンドジグヘッド #1(issei)』を使用しています。

ウェイトは0.9~3.5gをよく使うそうで、フックサイズは# 1/0前後がマッチするそうです。

使い方は基本的にボトムをとってからただ巻きするだけです。

しかし、春はただ巻きに付いてこられない魚も居るので、ゆっくり攻めたい場合はミドストで誘います。

フルスイング3.5インチ+ライトテキサスリグ

フルスイング3.5インチをライトテキサスリグで使用すると小さなスイムジグ感覚で使用することができます。

さらに、ライトテキサスリグなら巻くことから撃つことはもちろんのことズル引くなど多彩な攻めが可能です。

特にポストからアフタースポーンはボリュームのあるルアーを嫌うバスが多いですが、フルスイング3.5インチのライトテキサスならフィネスな巻き物感覚で使うことが出来ます。

岡プロはペグ止めを1cmほど空けてワームをナチュラルにアクションさせるようにしていました。

フルスイング3.5インチのリグの使い分け

表層から表層直下を巻く場合は”ノーシンカーリグ”が有効です。

オープンエリアの中層を巻く場合は”ジグヘッドリグ”が有効です。

カバーや何かモノに絡めたい場合は”ライトテキサスリグ”が有効です。

タックル

岡プロがジグヘッドリグには、ロングレングスで飛距離を出すことが可能で春特有のショートバイトをしっかりと掛けることができる『グラディエーター アンチ GA-611MLS-ST Stride』を使用。

リールは『イグジスト FC LT2500S-CXH』を使用。ラインは『ジギングPEパワーゲームX8 0.8号+リーダー 10lb』を使用していました。

ライトテキサスリグには軽めのルアーをキャストしやすく、ライトカバーも攻められる『グラディエーター アンチ GA-610MC Joker』を使用。

リールは『スティーズ CT SV TW 700XHL』を使用。ラインは『エクスレッド 12lb』を使用していました。

岡友成 ジグヘッドリグ タックル

ロッド : グラディエーター アンチ GA-611MLS-ST Stride(レイドジャパン)
リール : イグジスト FC LT2500S-CXH(ダイワ)
ライン : ジギングPEパワーゲームX8 0.8号(東レ)+リーダー 10lb
ルアー : フルスイング 3.5インチ(レイドジャパン)

岡友成 ライトテキサスリグ タックル

ロッド : グラディエーター アンチ GA-610MC Joker(レイドジャパン)
リール : スティーズ CT SV TW 700XHL(ダイワ)
ライン : エクスレッド 12lb(東レ)
ルアー : フルスイング 3.5インチ(レイドジャパン)

 

フルスイング3.5インチ スペック&カラー

フルスイング3.5インチ スペック

長さ : 3.5インチ
Quantity : 7pcs.
価格 : 850円(w/o TAX)

フルスイング3.5インチ カラー

FS35-042-DARK-CINNAMON-SHAD

FS35-047-GURIPAN-CHART-NEO

FS35-048-PEARL-WAKASAGI

FS35-049-SMOKY-PEARL

FS35-051-BLACK-BITOU

FS35-053-WHITE-CHART

FS35-055-COSME-WAKASAGI

FS35-057-CALL-WHITE

FS35-064-SAND-SHAD

FS35-065-GRASS-COSME

 

 

フルスイング3.5インチ まとめ

・フルスイング3.5インチの重さは約7gなので、ベイトフィネスタックルやスピニングタックルで使い心地が良い。

・3.5インチはプレッシャーの掛かりやすい小規模フィールドで役立つ。

・おすすめのフックはフッキングマスターモンスタークラス #2/0(ノガレス)

・お腹側の深いスリットから頭方向に真っ直ぐネイルシンカーを挿すだけで、低重心にネイルシンカーを刺すことができる。

 

情報元
http://raidjapan.com/?product=fullswing

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい