【issei】AKチャンク3.4インチの特徴&カラーを紹介!!

一誠(issei)公式チャンネル issei一誠にて『【村上的】#131 新発売『AKチャンク3.4』小型化でも“デカい余韻”【バス釣り】』が公開されています。

一誠/AKチャンク3.4インチ

AKチャンク

赤松プロが得意としていた『ラバージグ×ポーク』の釣りを村上プロが使って見ると、ルアーらしからぬアタリが出たそうです。

ならソレを「ワームで作ろう」として制作されたのが『AKチャンク4インチ』でした。

AKチャンクはそのような経緯で制作されたので、ツメを分厚く作り切込みを深くして、ポークのように余韻が残るアクションを引き出しています。

また、赤松プロは当初「足は必要ない」としていたそうですが、村上プロが「もったいない」ということで足が作られました。(足は必要ないなら切ることがでます。)

そんな村上プロが取り付けた足は、3本すべて違う方向を向いています。

なので、各足が別々に稼働して水を動かしてくれます。

AKチャンク3.4インチ

大きなチャンクはベストなタックルセッティングの幅が狭いです。

そこで「皆にも使ってもらおう」ということで制作されたのが『AKチャンク3.4インチ』です。

AKチャンク3.4インチは、ツメを薄く制作して爪先は極厚に制作されています。

このように制作したことによって、小さくなってもポークのような余韻アクションを演出してくれます。

AKチャンク3.4インチの発売日は3月ですが、AKラバージグJr.の発売予定日は4月を予定しているそうです。

 

issei/AKチャンクJr.&AKラバージグ Jr.

AKチャンクJr.&AKラバージグ Jr.

大人気のAKチャンク&AKラバージグにジュニアサイズが登場します。

赤松プロがジュニアサイズを開発した理由は「様々なタックルで使いやすいサイズ感が欲しかった」からで、そんなジュニアサイズでも「AKチャンク&AKラバージグの重くて早い動き」を出せるように再設計されて作られています。

もちろん、AKチャンクの余韻アクションも引き継がれており、着底後の次のアクションで喰わせることができます。

サイズ感

AKチャンクのオリジナルサイズは4インチでしたが、AKチャンクJrは3.4インチです。

数字で見ると少し小さくなっただけに思えますが、画像のように見て目は大幅に小さくなっています。

AKラバージグも同じで、オリジナルサイズはフルサイズジグのようでしたが、AKラバージグjr.はスモラバ強ほどのサイズ感になっています。

小型化した理由

AKラバージグにAKチャンクをセットしたジグチャンクは、大型の魚を釣ることが出来る組み合わせでしたが、タックルやシチュエーションを選びすぎていました。

そこで、この釣れる組み合わせの許容範囲をもう少し広げようと考えて、この『AKチャンクJr.&AKラバージグ Jr.』は開発されました。

なので、M~MHのロッドで快適に扱うことが出来ます。

余韻アクション

サイズダウンするとアクションが硬くなってしまうことがあるので、AKチャンクは各部位を見直して「薄い部分はより薄く、厚い部分はより厚く」作られています。

これによって、まるでロングワームがたなびくような長いゆったりしたアクションを出してくれます。

AKラバージグjr

AKラバージグJr.には7gと9gがラインナップされます。

 

AKチャンク3.4インチ スペック&カラー

AKチャンク3.4インチ スペック

入数 : 5本
価格 : ¥800(税別)
推奨フック : マルチオフセット #1~#1/0

AKチャンク3.4インチ カラー

#06 ベビーシャイナー(稚魚)

#07 グリーンパンプキン

#17 スパイシーブラック(NS)

#37 ブラック/レッド

#41 稚ギル

#46 アカマツSP(NS)

#64 AKスモーク(NS)

#65 ダークパンプキンBLF

 

AKチャンク3.4インチ まとめ

・AKチャンク3.4インチはAKチャンク4インチのコンパクトモデル。

・カラーによって塩入りと塩なし(NS)が設定されている。

・オリジナルサイズに比べてタックルセッティングの幅が広がった。

・小さくてもポークのような余韻アクションでバスを誘う。

 

情報元
https://issei.tv/green_cray_fish/680.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい