【レイドジャパン】グラビティインパクト(G.I)の特徴&カラーを紹介!!

レイドジャパン(RAID JAPAN)公式YouTubeチャンネル RAID JAPAN Official Channel にて『【RAID JAPAN 2021 NewProducts】”Gravity Impact”』が公開されています。

レイドジャパン/G.I(グラビティインパクト)

コンセプト

G.I(グラビティインパクト)は、おかっぱりで不動の地位を得ている「MHのベイトタックル+フロロカーボン 14lbで軽快に扱うことを目指したジョイントベイト」です。

特徴

G.Iは、クランクベイト的な要素である”ただ巻きの強さ”を持っています。

この要素はフルサイズのビッグベイトも同じですが、フルサイズのビッグベイトは大きすぎてスピードを出すことが出来ません。

しかし、G.Iは着水後に”素早い動き出し”でアクションさせてリアクションで魚を誘うことが出来ます。

クランクベイトとリップ付きビッグベイトの美味しい所を合わせたジョイントベイトです。

メタルリップ

G.Iは、着水後に”素早く下方向”に潜るように重たい金属のリップが採用されています。

レンジ

ロッドを立ててゆっくり巻くとシャロークランクのように水深50~60cmを巻くことが出来ます。

しかし、ロッドを下に構えて巻くと水深1.8m(最大潜行深度)まで潜ってくれます。

G.Iは、このようにレンジの使い分けを意図的に行うことができます。

エラストマーテール

テールはエラストマー素材でジョイントタイプのモノが採用されています。(エラストマー素材なので他のワームと一緒に保管しないよう注意が必要です。)

このジョイントタイプのエラストマーテールは、艶めかしいアクションで魚を誘ってくれます。

使い所

G.Iは通年通してバスが捕食しているベイトのサイズに合わせて作られているので、小規模なため池や水路、河川のスポットなどフルサイズのビッグベイトが厳しい状況でも活躍してくれます。

さらに、一般的に使用されているMHクラスのタックルで扱えるように作られているので、ローテーションの一つとして釣りに組み込むことができます。

タックル

G.Iの開発コンセプトは「MHのベイトタックル+フロロカーボン 14lbで軽快に扱えること」なので、MHクラスのロッドなら問題ありません。(Hクラスのロッドでも十分扱えます。)

金森プロは近距離から中距離では『グラディエーターアンチ The Frogman GA-67MHTC』を使用。中距離から遠距離では『グラディエーターアンチ Baltoro GA-610MHC』を使用しています。

リールはギア比6台~ローギアを推奨しています。(金森プロは『ジリオン SV TW 1000L K.T.F』を使用。)

ラインはフロロカーボン 14lbをベースに開発されていますが、16~20lbまではしっかりとアクションしてくれます。

金森隆志 ジョイントベイト タックル

ロッド : グラディエーターアンチ GA-67MHTC The Frogman(レイドジャパン)
リール : ジリオン SV TW 1000L K.T.F(ダイワ)
ライン : フロロカーボン 14lb
ルアー : G.I(レイドジャパン)

注意点

G.Iに搭載されているリップは金属リップなので、ラインやロッドに接触すると傷が入ってしまいます。

なので、ロッドからルアーを離すかリールのメカニカルブレーキに引っ掛けるといいそうです。(メカニカルブレーキに引っ掛ける際にはフックに気をつけてください。)

 

G.I スペック&カラー

G.I スペック

サイズ : 94.0mm
重さ : 1.1/4oz class

G.I カラー

G1001 SHIKKOKU

G1002 SHIMANASHI TIGER

G1003 PINK TRICK

G1004 LRMON POWER

G1005 PEARL SHAD

G1006 BLACK BB

G1007 CHI GILL

G1008 FROGMAN

 

G.I まとめ

・G.IはMHクラスのロッドで扱うことができるジョイントベイト。

・金属リップが採用されているので素早く潜ってくれる。

・テールはエラストマー素材のジョイントタイプが採用されている。(ワームと一緒に保管しないよう注意が必要)

・金属リップはラインやロッドに触れないように注意が必要。

 

情報元
http://raidjapan.com/?product=13448

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい