フィッシュローラーのホバストを江口俊介プロが紹介!!

レ イドジャパン(RAID JAPAN)公式YouTubeチャンネル RAID JAPAN Official Channel にて『今更聞けない?!ホバストHOWTO! これからホバストを始めたい方必見!!』が公開されています。

フィッシュローラー ミドスト&ホバスト

 

ホバストとは

ミドストはジグヘッドで中層をシェイクして泳がせる釣りでした。

それに対してホバストは、オモリの付いていないジグヘッドのフックを使用。代わりにオモリはネイルシンカーを挿入します。

こうすることによって、今まであったジグヘッドの最軽量が0.6gでしたが、その0.6gよりも軽いウェイトを使用して、中層をゆっくり攻めることが出来ます。

フィッシュローラー

ホバストはネイルシンカーが軽い上にフックにオモリが付いていない軽いリグなので、飛距離が出にくく扱いづらいです。

この『フィッシュローラー』は、ナチュラルさを保ったまま、飛距離が出るようにボリュームを持たせています。

さらに、小さいワームだと操作感が失われてしまいますが、フィッシュローラーは顔の部分に水を受ける箇所があり、ワーム自体に厚みがあるのでエアールームを大きく取ることが出来るので、しっかりとした操作感を得ることが出来ます。

ホバスト セッティング

フィッシュローラーのホバストで使用するフックはホバスト専用フック #2を使用しますが、金森プロはズレ防止の為にフックにスレッドを巻いてチューニングしています。

現在、ホバスト用フックは#2までしか出ていませんが、もし#1や#1/0が出てくるようだったらフィッシュローラー 4インチには#1、#1/0を使用するといいそうです。

そして、そのホバスト用フックをフィッシュローラーの頭に設けられているヘコミから刺します。

3インチの場合、2つヘコミが設けられていますが、後ろにフックをセットするほど頭で水を受けるので、より抵抗が強くなります。

しかし、姿勢が少し前のめりになるので、ホバストが不慣れな人は後ろ側にセットして、ホバストに慣れている人は前側のヘコミからフックをセットするといいそうです。

その2つのどちらかのヘコミからフックを刺して、薄く真っ直ぐ線に沿わして抜きます。

そして、ネイルシンカーをアゴ下からセンターに添わして真っ直ぐ水平に低重心に挿入します。(フィッシュローラー3インチはネイルシンカー 0.45gが一番やりやすいそうです。しかし、流れが強い場合や水深がある場合、風が吹いている場合は0.6gなども使用するそうです。)

これで完成です。

フィッシュローラー3インチ=ネイルシンカー 0.3g、0.45g、0.6g

フィッシュローラー4インチ=ネイルシンカー 0.45g、0.6g、0.9g

ホバストの出し所

ホバストがどういった場所で使えるかというと、基本的にはバスが浮いている、もしくはサスペンドしている場所です。

バスは基本的に岩盤、護岸際、杭、ティンバーなどの縦ストラクチャーにサスペンドしています。

そういったポイントでホバストが有効です。

では、なぜミドストではなくホバストを使用するかというと、ミドストよりもゆっくりと誘うことが出来るからです。

なので、低水温期でスローな魚に有効です。

アクションの仕方

ホバストは”スローでゆっくり”がキモです。

なので、ラインスラックを軽く弾くイメージで細かくシェイクして、移動距離を抑えたアクションをさせるのが大事です。

ホバスト タックル

ホバストは基本的にロッドを上下に捌く釣りなので、ロッドは出来る限り柔らかいロッドがおすすめです。

理想はULクラスですが、しなやかなLだったらギリギリ使用可能だそうです。

また、ソリッドティップの方が一点に留まりやすく、アクションさせやすいそうです。

なので、金森プロは『グラディエーター マキシマム GX-61ULS-ST MAXX FIXER』『グラディエーター マキシマム GX-59ULS-AS SOLID MAXX UL』を使用しています。

リールは糸ふけを素早く回収できるハイギアリールがおすすめだそうです。

ラインは、PEラインだと糸が軽すぎて操作しづらいので、不慣れな人はフロロカーボンラインがおすすめだそうです。

ラインの太さは、細いほうがルアーを飛ばすことができますが、糸の重さがあって操作がしやすい4lbほどがいいそうです。

フロロカーボンラインから始めて、慣れると高比重PE 0.4号にリーダー 1.2号のセッティングがおすすめだそうです。

また、深いレインジを狙いたい場合はフロロカーボンライン、浅いレンジを狙いたい場合はPEラインがいいそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい