モラモラ&モラモアドリューの使い方を紹介!!

オーバスライブ(OBASSLIVE)公式YouTubeチャンネル OBASSLIVE official ch にて『これがMOLAMOLAの極意 其の壱』が公開されています。

オーバスライブ/モラモラ(MOLAMOA)の使い方

対ウィードにコンタクトした際の使い方

ウィードやストラクチャーにコンタクトした際の操作方法は『モラモラ』『モラモラBR』『モラモラEVO tuned』に共通するものがあります。

まず、モラモラをキャストしたらラインを一直線にして、モラモラのラインアイを自分の方に向けます。

そして、モラモラが浮くまで待ちます。

水面まで浮いたら巻き始めます。(モラモラのスローリトリーブの速度は動画時間 1:57を御覧ください。この巻きスピードで水深40~50cmをトレースするそうです。)

そして、リトリーブしてウィードにコンタクトしたらモラモラをほぐします。

ほぐす方法は、ラインスラックをシェイクしてほぐすのですが、肘で外すのではなく手首を使って繊細に外します。

もし、手首ではウィードを外せない場合は、バッドエンドを空いている手で添えて梃子の原理で繊細にほぐします。

バイトはウィードから取れた一巻目の直後か取ろうとしている最中にあるそうです。

この一連の動作がワームを操っているかのような動作なので、モラモラは”ワーミングバイブ”と呼ばれています。

 


オーバスライブ(OBASSLIVE)公式YouTubeチャンネル OBASSLIVE official ch にて『これがDORYUの使い方極意。ラストに虎の穴オマケ動画あり。』が公開されています。

オーバスライブ/モラモラDoryuの使い方

モラモラドリューの特徴

モラモラドリューは、モラモラシリーズの中で唯一のスローシンキングモデルで、フォールスピードはノーシンカーワームほどゆっくりフォールします。

そして、ボトムでは90度で倒れずにずっと立ち続けます。

また、モラモラはフローティングですが、テンションを掛けたら潜るのに対して、モラモラドリューはスローシンキングなのでテンションを掛けるとレンジを刻みやすいです。

モラモラドリューの使い方

モラモラドリューをキャストしてミディアムスローリトリーブぐらいでただ巻きします。

この時に何かにスタックしたら竿を煽ります。

モラモラシリーズの中で重心が一番下にあるので、ノーマルモラモラよりも直進性能が強いです。

リップラップでの使い方

モラモラドリューをキャストしたらルアーアイを自分の方に向けてフォールさせます。

着底後、ワームのようにロッド操作でゆっくりズル引きやショートリフト&フォール、スローロールをさせます。(スローロールのリトリーブスピードは動画時間 4:16 を御覧ください)

スローロール中にスタックしたと思ったら竿を少し戻すことによって、根がかりを回避することができます。

 


オーバスライブ/モラモラシリーズ

モラモラ

モラモラのコンセプトは「ワーミングバイブ」です。

ワーミングバイブとはワームのように使うプラグの事で、モラモラはワームのように障害物に引っかかった際にロッド操作で解してアクションを加えることができます。

リップが取り付けられていないのも特徴で、リップが無いと障害物に根掛かりしそうですが、モラモラは立ち姿勢で泳ぐことによってボディ全体で障害物を回避してくれる作りになっています。

なので、障害物にコンタクトしても根がからず、フローティングなので止めて浮かせることで障害物を回避することができます。

モラモラBR

モラモラはアピール力が強いルアーではありません。

しかし、濁った場合や風が吹いている場合にはルアーにアピール力が欲しいです。

そんな状況でおすすめなのが、ラトルが入った『モラモラBR』です。

基本的に使い方はモラモラと同じですが、ウィードやリップラップにコンタクトした際にラインをシェイクさせるとその場でラトル音を発してアピールすることができます。

モラモラEVOチューンド

モラモラEVOチューンドは先端にワイヤーのダンパーが設けられており、アイの位置が5mmほど後ろに設けられています。

モラモラは障害物にコンタクトさせて使うのを前提にしているので、ある程度レンジが入るように作られていましたが、このモラモラEVOチューンドは高浮力に作られているのでシャローをゆっくりと巻くことが可能です。

もちろん、高浮力に作られているのでアクションのピッチが早くなっています。

なので、サーチベイトとしても非常に優秀です。

モラモラドリュー

先述したモラモラシリーズは全てフローティングモデルでしたが、このモラモラドリューはスローシンキングに設定されています。

リップが無いのでシンキングだと根掛かりしてしまいそうですが、ボトムでは立った姿勢になるように作られており、さらにダンパーが取り付けられているので、フックがボトムにコンタクトしたいようになっています。

なので、ボトムをゆっくり誘うことが出来ます。

また、ジャークで左右に飛ばして誘うことも出来ます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい