isseiの新作ワーム ライアーミノーを紹介!!

一誠(issei)公式チャンネル issei一誠にて『【ルアー合衆国】村上晴彦&西川敬介 新作ワームで初秋の津風呂湖バス攻略!!』が公開されています。

ライアミノー 特徴

ライアミノー

今までメディアではサカナノワームとして出ていたワームに遂に名前が付きました。

その名は嘘の魚という意味の『ライアミノー』です。

テール

テール部は抵抗帯のあるシャッドテールになっているので、そのまま使うとボディ自体はほとんど動かない状態で、細かくテールを動かしながら引いてくることができます。

そして、この抵抗帯をカットしやすいように入っているスリットに合わせてカットすることによって、前つんのめりのダートアクションを出すことが可能です。

つまりライアミノーはテールの抵抗帯をカットすることにより2通りの使い分けができるワームです。

ボディ

ボディの上部には空気室が設けられているので浮力が確保されています。

なので、チョン掛けで水面を『ピクピク』動かしたり水面直下をまっすぐI字系のように引くことができます。

使い方

使い方はジグヘッド、オフセット、マスバリのチョン掛けと多岐にわたり、シンカーのない単体で使う場合は、ネイルシンカー(ダイワ スリムネイルシンカー0.45g)を入れるとスローにフォールしながらナチュラルに使うことができます。

ライアミノー ジグヘッドセッティング

issei ラウンドジグヘッドをライアミノーの頭から背中側に薄刺しします。

そして、スリットからフックを出して調整すれば完成です。

また、ジグヘッドに備わっているガードをカットする場合はフックポイントとガードの先端の中間でカットするのがおすすめだそうです。

ライアミノー 銀紙チューン

アルミ箔を2cmの幅にカットします。

そして、アルミ箔を折り返して硬くします。

硬くしたアルミ箔の両端をカットしてライアミノーのエアホールの形にします。

そして、アルミ箔をエアホールに挿入したら完成です。

 

ライアミノー インサートジグヘッド

インサートジグヘッド

ラウンドゲイプの90度のジグフックにネイルシンカーを巻き付けて、ネイルシンカーの先端を画像の様に前に出すとズレにくいインサートジグヘッドを作ることができます

セッティング方法

ライアミノーへのセッティング方法は、まずライアミノーの頭に取り付けられているフックの誘導穴から真っ直ぐに空気室までフックを刺します。

そして、一旦フックを抜いて目と目の間から下の誘導穴までフックを刺して空気室まで抜きます。

その後、ネイルシンカーを誘導穴に収まるようにセットしたら完成です。

 

村上晴彦プロが解説している動画はこちら (3:30)

 

ライアミノーのチューン方法やミドストのコツを解説している記事はこちら

 

 

ライアミノー スペック&カラー

ライアミノー スペック

入数 : 7
推奨フック : ラウンドジグヘッド #2、マルチオフセット #1、マスバリ #3
価格 : ¥900(税別)

ライアミノー カラー

#22 リザーバーベイト

#36 アブラハヤ

#38 ワカサギ

 

#53 アユ

#57 ウィードシャッド

#58 ナチュラルチャート

#59 ハスゴ

#60 シラウオ

 

 

ライアミノー まとめ

・ライアミノーはテールのスリットがカットできるので、ノーマルタイプとカットタイプで2種類のテールアクションが可能。

・水平姿勢を保ちながら微波動アクションを発生させる。

・ボディの上部には空気質が設けられているので浮力が確保されている。

・ジグヘッドによるスイミングから水面ピクピクなど様々な使い方が可能。

 

情報元
https://issei.tv/green_cray_fish/49052.html

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい