【ボトムアップ】ブレーバーマイクロの特徴&おすすめフックを紹介!!

ボトムアップ(Bottomup)公式YouTubeチャンネル Bottomup fishinggearにて『12月下旬新発売『ブレーバーマイクロ3.0インチ』を川村光大郎が実釣&解説!!』が公開されています。

ブレーバーマイクロ3.0インチ 特徴

開発した理由

川村光大郎プロがブレーバーマイクロを開発した理由は、新利根川のレンタルボート大会に出場した際に、バンク沿いのカバーを約100艇のレンタルボートが撃っているハイプレッシャーな状況で、上位入賞の方がされていた釣り方が極細のストレートワームをダウンショットリグでカバーに撃って行く釣りだったそうです。

その釣りを試して効果を実感した川村プロはブレーバーマイクロ3.0インチを開発したそうです。

リアクション効果

極細のストレートワームを使用しているので軽めのダウンショットリグ(1.3~1.8g)でもフォールスピードが速いのが特徴です。

なので、リアクションによってバスに口を使わせる事も可能です。

プレッシャーを与えない

上記でも記した通り軽めのダウンショットリグでもフォールスピードが速いですが、シンカーが軽くワームが小さいのでバスにプレッシャーを与えません

ブレーバーマイクロの利点

この極細ストレートワームによるダウンショットリグの釣りには弱点があります。

それは、小さいストレートワームなのでアピール力が弱くバスに気付いて貰えないことです。

しかし、ブレーバーはシャッドテールがフォール中に振動し、且つリングが水を噛んで微振動してくれるので、その極細ストレートワームの弱点であるアピール力の弱さをこの2つが補ってくれています。(水中映像 : 3:23)

ノーシンカーワッキー

ブレーバーマイクロ3.0インチをノーシンカーワッキーで使用すると同等クラスのストレートワームよりも大きく動いてアピールしてくれます。(水中映像 : 4:01)

おすすめフック

オフセットフック #6 (T.N.Sオフセット #6 or D.A.Sオフセット #6)

針先がしっかりと守られてセットしやすいのがTNSオフセットです。

初期掛りが良いのはDASオフセットです。

マスバリタイプの場合はマスバリ #6がおすすめです。

フックセット

小さいフックはラインアイとフックポイントの差によって、フックポイントをワームで隠すとワームが歪み易いですが、このブレーバーマイクロにはフックポイントがくる場所に肉盛りがあるので、キレイにワームをセットすることができ、且つスナッグレス性能も高まっています。

ハチマキ

ブレーバーマイクロに取り付けられているハチマキの位置は、今までのブレーバーとは違いテールカット時の真ん中に来ています。

これはノーシンカーワッキーでの使用を前提にしているからです。

川村光大郎 ブレーバーマイクロ タックル

川村光大郎 ダウンショット タックル
ロッド : スティーズ STZ641LFS-SV キングボルトF-Spec(ダイワ)
リール : スティーズ Type-I(ダイワ)
ライン : 磯センサーSS+Si0.6号(ダイワ)+タフロンZ α 1.25号(ダイワ)
ルアー : ブレーバーマイクロ3.0(ボトムアップ)+T.N.S オフセット#6(ハヤブサ)+バザーズワームシンカー TGペアー 1.3g(ダイワ)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

あわせて読みたい